T’s ROOM

t-fukuの部屋(興味のあることたくさん)
<< 大分、良くなりました | TOP | 釣りの企画 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
さっぱり広島風風お好み焼き?
家の定番お好み焼きを紹介します。

世間的には、「広島風お好み焼き」ですが、それだと申し訳ないので、「さっぱり広島風風お好み焼き」っていことでお願いします。

材料ですが、1回分だとこんな感じです。もちろん、2回作る場合は×2となります。

生地:市販のお好み焼きの粉 で十分です。クレープよりも少しトロトロくらいに水で調整します。
具(別に何でもいいんですが)
.ャベツ(ある程度細かく切って、手で一掴みできるくらいの量)
△發笋掘淵劵欧鮗茲辰董一掴み)
ネギ(輪切りで、半掴み)
ね箸俺漫幣々)
ゴチ腑┘咫幣々)
*紅しょうが(お好みで)
ζ敍(こま切れを4枚くらい)
Ь討そば(1玉)
卵(1個)

まずは、
テフロン加工のフライパンに、弱火で火をかけ、薄く油を引きます。余分な油は、キッチンペーパーでふき取ります。

1.生地をパスタ皿分くらいに広げます。
2.その上に、具の 銑Δ僚腓望茲擦討います。
3.そして再度、生地を具の上からかけます。
4.下の生地の色がついたら、ひっくり返します。
※家は、フライ返し二つ使ってます。テフロンだと簡単ですよ。
5.しばし焼きます。
6.2〜3分焼いたら、中の具材の水分を出すように、上からフライ返しで押し付けます。※これが重要。やらないとベチャベチャになります〜
7.水分が抜けたら、いったん取り出して、お皿に乗せます。
8.次にヤキソバを焼きます。少しお湯を掛けて麺をほぐす程度でOKです。
9.またこれを取り出します。
10.最後に卵を焼きます。これも、パスタ皿分くらいに広げます。
11.そして、取り出して置いたヤキソバを戻し、
12.取り出しておいた、本体を乗せます。
13.最後に、再度ひっくり返して、逆面を温め、焼きは終了です。
14.そしてトッピング
a.オタフクソース
b.青海苔
c.鰹節
をお好みでかけて、出来上がりはこんな感じです!
広島風?お好み焼き
d.マヨネーズはお好みでどうぞ!

見た目はヘビーですが、食べると意外にさっぱりしてますよ!
| 作っ Te い〜と! | 08:46 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 08:46 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
お嬢様の風邪、良くなったようで何よりですね!
スキンもすっかり、春ですね〜
広島風お好み焼き、美味しそうですね。相方がオタフクソース大好き&マヨラーなので今度作ってみたいと思います。
お好み焼きではないのですが、うちは最近、富士宮風焼きそばにはまってます。
だし粉と肉かす使うだけなんですが、けっこうそれっぽくて美味しいですよ。
| さかな | 2006/01/30 1:48 PM |
おたふくソース大好きです!
うちも週末にでもお好み焼きにしようかな。
あ、当然ボクの役目ですが。(笑)
| けんた | 2006/01/30 6:02 PM |
さかなさん
ありがとうございます。
>富士宮ヤキソバ
噂には少し・・・今度、作り方おしえてください。

けんたさん
>ボクの役目
焼きは奥が深いですよ〜、面白くて渡せません(笑)
| t-fuku | 2006/01/31 1:03 PM |
実は私、つい最近まで
お好み焼きはお店で食べるモノだと思ってました。
作ろうと思ったら作れるんだろうケド、
素人が作ってもそんなおいしくないだろうと。。。
ところが友達と作ったのが意外とおいしくてびっくり!
その後調子に乗って、家で山芋のすりおろしとか混ぜて
作ったのですが失敗(-_- )それ以来作ってません。

広島風風、おいしそうですね〜
余計な事しないで市販の粉だけのほーがおいしいのかな???
| ゆた | 2006/02/02 9:24 AM |
ゆたさん
>お好み焼きはお店で食べるモノだと思ってました。
 確かに、お店のは美味いですよね〜
 それをどうやったら再現できるか?ってのが、料理好き本能なんでしょうか?(笑)失敗も数知れず・・・日々いろいろ試してます。

 お家でやる場合、なんと言っても困るのが「鉄板」がないことですよね。それが無くてもやれる方法を模索しております。今の段階ではコレがベストですかね〜

>家で山芋のすりおろしとか混ぜて作ったのですが失敗(-_- )それ以来作ってません。
>余計な事しないで市販の粉だけのほーがおいしいのかな???
 私も撃沈したことありま〜す(笑)それでわかりました。市販の粉だけでも十分に美味しくできます。
| t-fuku | 2006/02/02 12:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://t-fuku.jugem.jp/trackback/143
トラックバック